シングルマザーでお店をつぎました。

シングルマザーになって、数年間がたちました。もともと、実家が酒屋を経営していたため、結婚していたあいだは、地元をはなれて、都会にとついでおりましたが、離婚して、シングルマザーになってからは、実家にかえりました。埼玉県のシロアリ駆除

両親が、高齢のため、実家の酒屋の社長は、わたしがつぐことに、なりました。女経営しゃとして、お店をきりもりさはなければ、ならなくなりましたが、なにせ、従業員がわたしひとりだけでした。

子供を二人育てているため、常に、お店にいれるわけではなく、ほかに働いてくれるかたがひつようでした。兄弟はおらず、わたしは、ひとりっこです。そのため、お金の売り上げの計算など、経理をしてくださるかたをさがし、求人をだすことにしました。

求人をだしてから、何人か面接にきました。結局、採用枠として、検討した女性が、わたしと同い年のかたでした。わたしは、そのかたを採用いたしました。

仕事ないようは、販売兼経理です。わたしと同い年のかたが働きにきてくださることになり、とてもうれしかったです。そのかたがお店に働きくることなってからは、ひとりでお店をきりもりすることがなくなったため、わたし自身が楽になりましたし、はなし相手もできたので、明るい職場になりました。

結局、そのかたには、5年間、働いていただきました。五年間も、お店にいたので、家族とまではいかないけれど、従業員でしたが、友人のような、ふしぎな存在になりました。

プライベートにおいても、息子2人と、彼女をつれて、おでかけすることがよくありました。息子2人はまだ、3歳と4歳で、ちいさいですが、彼女には、かなりなついていてくれているため、わたし自身も安心できました。5年たち、お店をやめることになりましたが、今でも、友人です。