物件見学・運命のマンションと出会う

付き合っている彼と同棲をすることが決まり、物件情報を集める私たち。と言っても私は超がつく面倒くさがりなので、彼がほとんどインターネットで情報収集をしてくれた。

そして、物件見学の日。不動産屋さんと、目星をつけた物件を回った。第4希望まで出していた私たち。1件目は、思っていたより狭く、2件目は、思っていたより古く、、3件目の第一希望に至っては、鍵が開かないというまさかのトラブル発生で、見学できなかった。

そして肩を落として向かった最後の4件目、あまり期待していなかった第3希望に‥私たちは一目惚れ!オシャレなレンガ張りの壁に、ピカピカのシンク。

ゆったりしたバスルーム、日当たりのいいベランダ。多少の部屋の小ささは気にならない、綺麗さだった。ここに住みたい!と、私たちは意見が完全に一致。

次の日には不動産会社に電話をして、私たちのお家は決まった。

そしていざ、手続きをしに不動産屋へ。部屋を借りる、という大きな手続きに、まだ20代の私と彼は緊張でガチガチだった。

契約書には世帯主として彼の名前、そして同居人として私の名前を書いた。まだプロポーズもされていないけど、契約者との関係を書く欄には、「婚約者と書いてください」と不動産の人に言われ、ドキドキしたのがいい思い出。

あれから2年。いよいよ二人の関係性も進展し、次はマンションに住みたいね、と話している。ペットOKな所で猫を飼いながら、広ーいリビングにゆったりソファを置いてくつろいで、大きなダブルベットで寝たいよね、なんて。

いつか今のこの小さな部屋から離れたら、無理やり二人で寝てるシングルベットとか、通学路に面してるせいでちょっと騒がしく感じた背の低い小学生の声とかがなくなるから、少し寂しい感じもするけれど、、。

いつか生まれる子供のためにも、広いマンションに住めたらいいな、と夢見ています。